支援を行う方法

ガッツポーズの女性

女性が社会に出て久しいが、今までは育児等の制約もあり、なかなかすべての働きたい女性が思うように仕事に専念できなかったのも事実である。しかし、最近では社会の考え方も大きく変わり、そういった女性に対する支援を国家としてする時代になり、企業等においても同様である。女性が労働力として計算できるようになれば、社会全体の労働力の貢献となり、少子高齢化が叫ばれる昨今、女性の社会進出は国家全体の問題とも言える。色々な支援方法があるが、やはり育児に関する支援が一番必要であり、そんな中、事業所内保育という考え方が浸透してきた。事業所内保育とは、企業側が近郊の保育所を用意し、その企業で働く女性の子供をその保育所に預けて、仕事に専念してもらう制度である。

企業側からすると、その保育所の運営等の費用が莫大にかかり、一見するとマイナスにしかならないようであるが、国や自治体からの支援もあり、なによりその女性が企業で活躍してもらうメリットのほうが高いため、将来をみると、決して損ではないのだそうだ。また、事業所内保育を整えている企業には優秀な女性も集まりやすく、企業の宣伝効果あるといえる。よって、その費用対効果は計り知れないというわけだ。現状、まだまだ事業所内保育を取り入れる企業は限られているが、どの企業もその効果は十分に理解しており、いずれ多くの企業が取り入れることになるであろう。実は私の働く職場も限定的ではあるが、事業所内保育を取り入れており、その評判は上々である。これからの時代は、こういう制度を取り入れ、女性の労働力を積極的に活用する企業が実績を伸ばしていくのは間違いなさそうである。